付き合う前にLINE(ライン)の頻度が減る理由はコレ

Pocket

付き合う前のLINE(ライン)またはメールのやり取りってかなり重要です。気になる人とのLINE(ライン)をやり取りをするうちに思いが募って自分からのLINE(ライン)の頻度が多くなってませんか?

そして、相手のLINE(ライン)の頻度が減っていると寂しくなることも。連絡の頻度が減る理由は男女の感覚の違いもあるようです。

そこで今回は、付き合う前にLINE(ライン)の頻度が減る理由、対処法、男性が付き合いたいと思う瞬間等、男性側の心理について紹介します。

 

スポンサーリンク



 

そもそも「付き合う」って何?

辞典で調べると「付き合う」とは、「人と交際すること」や「相手に合わせて行動すること」を意味します。恋愛関係にある「付き合う」とは、一般的に恋人同士になることです。

深い関係を持っていなかった人達が、お互い恋愛パートナーとして認め合い、お互いの信頼に応える為に親密な関係になるという意思確認を交わすことで「付き合う」=恋人同士の関係が成立します。

「付き合う」ということは、結婚のように法的な拘束力や契約関係にあるわけではないので、相手と付き合っているのか疑問に思っている人も多いのが現状のようです。

付き合っているのか疑問に思っている人の不安原因として最も多いのは、「告白されていない」。やはり何の約束もされていない状態で、恋人同士のように肉体関係があっても不安は消えないですよね。

恋人関係を証明することは出来ないので、最低限「告白」は必要なことだと言えます。もし、告白されていないのであれば、お互い付き合っているのか再確認してみるのもよいでしょう。

人それぞれ考え方は違いますので、お互いの意志をきちんと確認した上で自分たち流の「付き合う=恋人同士」の関係を築くことが大事です。

 

付き合う前にLINE(ライン)の頻度が減る理由とは?


付き合う前に男性側からのLINE(ライン)の頻度が減った理由をまとめて紹介します。

相手とのLINE(ライン)のやり取りに飽きた

男性からLINE(ライン)の頻度が減った理由として最も多いのが、「やり取りに飽きた」です。本来男性は、気になる女性・好きになった女性に対しては、マメに自分から連絡をするはず。

女性のように駆け引きをする男性は少ないので、LINE(ライン)の頻度が減るのは、相手のことがそれ程気になる存在ではないと言えるでしょう。

また、最初は頻繁に男性からLINE(ライン)が来てたけど、やり取りを続けていくうちに冷めてしまったという可能性もあります。付き合う前に体の関係を持ってしまった後は要注意。

 

LINE(ライン)が苦手

そもそも男性にはLINE(ライン)が苦手な人も多いのです。最初は頑張ってLINE(ライン)のやり取りを続けていたけど、あまりにも相手からのLINE(ライン)頻度が多くなると疲れてしまうでしょう。

相手の状況によって、LINE(ライン)頻度も調整するといいかもしれません。

 

仕事がハード(忙しい)

男性は仕事を第一優先にしがち。2つのことを同時に考えることが男性は苦手のようです。社会人男性がLINE(ライン)を返信するタイミングは、仕事が一段落して体が落ち着いた時が多いといいます。

仕事が忙しくてLINE(ライン)の頻度が減ったということ自体も気付かない男性が多いでしょう。明らかに仕事が忙しくなさそうな場合は、単純に気になっていないということになりますね。

 

スポンサーリンク



 

付き合う前にLINE(ライン)の頻度が減っている時の対処法


相手のタイプにもよりますが、一番いい対処法は「とにかく待つ」ということです。

男性のLINE(ライン)の頻度が明らかに減っているのにも関わらず、グイグイ攻めるとウザいな・うっとうしいなと印象が悪くなる場合もあります。

何で連絡くれないのかと催促するようなLINE(ライン)は、つき合う前にはタブーです。男性からのLINE(ライン)の頻度が減った場合は、自分から連絡するのを一旦やめてみましょう。

仕事が理由でLINE(ライン)頻度が減っていた場合は、仕事が落ち着いたらあなたからのLINE(ライン)がないことに気付き、気になってくる可能性が高いです。

あなたとのLINE(ライン)に飽きていたとしても、逆にLINE(ライン)が来ないことが気になる場合もあります。1ヵ月ぐらい放置しても相手から連絡がない場合は、久しぶりにLINE(ライン)してみるのもよいでしょう。

恋愛には駆け引きが重要ですが、明らかに不自然に距離を置いてみたりして男性から呆れられることもありますので、ごく自然な押し引きで男性の心をつかんで下さい。

 

男性が付き合いたいと思う瞬間

①共感してくれる

とにかく男性の考えを否定せずに、うんうんと共感してもらえた時に「こんな人と付き合いたい」と思う男性が多いのです。趣味や楽しいことだけではなく、ツライこと悩み等のマイナス部分にも共感してもらえた時に親近感が湧いて、好きという気持ちに変わるそうです。

 

②笑顔に癒された

素直に笑顔で答えてくれる女性は、仕事で疲れた男性の心を癒す力があります。笑顔が素敵な女性に対して「毎日この笑顔を見れたら幸せだな」と感じ、付き合いたい気持ちになるのです。

 

③弱みを見せられた

いつもと違って元気がない、悩みを打ち明けられた時等に男性は力になってあげたい(守りたい)と感じます。たまには弱みを見せるのも必要ですね。

 

④頑張っている姿を見た

仕事や趣味など、女性が一生懸命頑張っている姿に惹かれる男性も多い。弱みとは逆に努力している姿に一目惚れしてしまう男性もいるようです。

 

⑤一緒にいて楽しい

趣味も合って、ノリが合う、話すのが楽しい。そして、ずっと一緒に居たいと思う瞬間に付き合いたいと感じる男性も多い。フィーリングが合うって大事ですよね。

 

まとめ

付き合う前にLINE(ライン)の頻度が減る理由は、男性のタイプによって違います。

その男性が好きで付き合いたいと思うなら、男性から付き合いたいと思わせるように男性のタイプを見極めて行動に移しましょう。

 

関連記事はこちら

告白のセリフ。女性からlineでコクっても成功する?line告白のコツ!
付き合う前のデート場所の決め方。初デートと2回目デートの違いとは?
⇒ 恋活サイトでおすすめの『ハッピーメール』は初めてでも安心して利用できる?
恋愛ドラマ。2018年1月期冬スタート注目の恋愛模様
恋愛映画(邦画 )2018年1月~公開予定作品の期待度&反応をチェック!

 



>>日本最大級の会員数で本気で出会える!ハッピーメール

コメントを残す

*